秋冬の無駄毛のお手入れは潤いケアが大切

秋冬はガサガサ肌になりがちなので、無駄毛のお手入れ後の潤いケアはちゃんと行うようにしています。多少でも気を抜くと地肌が赤々としてきてザラザラするので、放っておくとスキントラブルを招き病院にかかる事になってしまうので、全身用のクリームやオイルをつけてキチンとスキンケアをするようにしています。全身用のクリームも天然成分配合で無添加の刺激が少ないものを使うようにしています。矢張り低刺激じゃないモノは、ムダ毛処理を終えた後に塗り込むとピリピリしたりするので赤ちゃんでも使えるようなやつを使用しています。潤いケアを念入りにするようになってからスキントラブルが減少したので保湿は大切だなと強く感じました。脇は抜毛していますが、ひざ下や両腕なんかは剃毛しているのでお肌が傷付きやすいので、保湿をするようにして刺激をカバーできるようにやっています。秋冬は矢張り皮フも潤い不足になるのでいつもよりも保湿する力が大きめのボディ用のオイル等をつけたりして乾燥対策に励んでいます。

女であれば誰もが一度は味わってきたであろう無駄毛に関する問題。脱毛エステや皮膚科のクリニックで脱毛を受けたい!と考えつつも金額が障害となって踏ん切りがつかない人もたくさんいると思います。そう言っている私も自己処理で済ませているのですが、ムダ毛のお手入れはほんと面倒くさくてすぐに終わらないということが大きな問題です。もし毛抜きで一本ずつ抜く時にも膨大な量のむだ毛を目の前にすると体の力が抜けてやる気も起こりませんし、きき手じゃない方の脇などは簡単に処理できても、きき手側のワキのムダ毛を処理するのはかなり疲れる作業になります。こんな時、カンタンに抜ける箇所に集中的にむだ毛が伸びてきてくれたら支障はないのにとよく考えてしまいます。もしそうなれば抜きやすくて無理な体勢で苦労する事なく処理できるのになぁ・・・と考えたことは一回や二回ではありません。あまりにも処理が大変で脱毛クリームを使ったこともあるのですが、注意書き通りに試したはずなのにほとんど除毛されなかったのです。どこがいけなかったのか今でもわかりませんが、それ以来脱毛剤などは使用していません。

親譲りなのか、自分は小さい頃から毛深くてしかも剛毛で目立つため、ひどくコンプレックスになってるのです。ことさら、中学生のころから一層毛量が増え始め、とても気になっていました。中高の6年間は学生服だったので、夏季はハーフスリーブのワイシャツの着用が義務付られていました。しかも、下は一年中スカートで、足が露出していました。しかし、ひじ下も脚もむだ毛がすごくて、出すのがとても辛かったのです。むだ毛を自分でケアしようと、剃毛したりもしましたが、それほど綺麗にそれませんし、日ごとお手入れするのは骨が折れます。その上、敏感肌なので、即座にカミソリ負けをしてしまいます。除毛クリームもトライしましたが、パッチテストだけで皮ふに問題が発生したので、ギブアップ。毛抜きで1本1本抜いたりもしましたけど、それでも肌負担は掛かりますし、何より暇がないと出来ません。自分自身で行える処理法で、肌を傷付けずにお手軽に無駄毛の処理をする方法があったら、知りたいです。エステへ足を運ぶには、懐がさびしすぎます。参ったなぁと、悩んでいます。

脱毛はちゃんとした施設の待遇を受けたいと思いますが、少し怖いという気持ちもあります。怖いと感じるのはサービスのことじゃなくて、脱毛エステなどで使われているマシンの印象です。脱毛機に自分自身の肌を託すということが自分にとって怖いなと思うことです。ムダ毛の処理は手間もかかるし、怠けると恥ずかしい。だからサロンに行って脱毛してもらおうと考えたことがあります。それが叶ったら有効に使える時間がもっと増えるだろうに…思いついて、近くにできたサロンの折込チラシを読んだこともあります。でもやっぱり相談に行くことなく今日まできています。それは「機械に身体を任せて後々肌に悪影響が及んだら悔しい思いをするだけだ」というマイナスの思いがあるからです。意気地なしというこの性分が原因とも言えますが・・・。しっかりしたサービスだからこんなに進歩もしているというのはわかっているつもりです。いつか色んな不安がなくなって素直に脱毛を受けたいと思ったら相談に行きます。

参考:福岡でおすすめの脱毛サロンランキング
URL:https://www.fukuoka-event-pickup.com/